お金借りる 申込み

申込みについて

キャッシングの申込みに必要な書類とは

お金が必要になった場合、必要最低限でもいくつかの書類が必要となります。お金を借りるときには書類、印鑑証明、身分証明が基本的に提示しなくてはなりません。収入明細としての給料明細、健康保険証を身分証明としてすることが簡単だと思います。場合によっては収入明細は要求されないこともあります。お金の借入に対する契約は法律行為なので、金融機関は本人確認が必須となるのです。もしも金融機関側が本人確認に瑕疵があり、他人になりすました詐欺行為であることが分かると、貸した金額を取り戻せなくなってしまいます。そのために、本人確認は必ず行われますので、身分証明書の有効期限もきちんと確認しておきましょう。

 

担保、連帯保証人が必要とされるお金の借入は、過去に金融機関への返済が滞ったことがある人や住所が一箇所に定まっていない人などにかされます。キャッシングやカードローンで連帯保証人を求められる事は殆ど無いですが、住宅ローンや車のローンでは上記の理由で求められます。担保ローンの場合、担保とする不動産や動産がないとお金を借りられないこともあります。また、無担保のときには契約時に利子を高く設定されるなど、貸主側のリスク対策が行われています。

 

キャッシングの審査について

「キャッシング審査」というのは、金融機関などから目的自由のお金を借りる 審査のことです。この審査によって、融資可能かどうかやいくらまで借りることができるかなど受けることができるキャッシングサービスの内容が決まるため、非常に重要な存在です。その審査条件の詳細はキャッシングサービスを提供している企業によって異なり審査が甘い企業もあれば厳しい企業もあります。

 

ただ基本的には18歳あるいは20歳以上で定期的な収入があれば審査には通ります。逆に言うとまず審査通らないのは定期的な収入がない人、つまり芸能人などはその代表としてお金を借りにくいという事実はみなさんも耳にしたことがあるでしょう。なお、正社員として働いている人はもちろんこの定期的な収入というのはアルバイトやパートなども含まれます。逆に自営業の方の場合は会社の運営実績などより詳細な現状の提示が必要な場合も多くあります。

 

また、借りられないイメージが多くの方がお持ちかもしれないる専業主婦や主夫の方であっても家族の方に定期的な収入があれば審査が通ることは多いと言われています。ただし、いくら定期的な収入があっても一定期間に大量のキャッシングを申し込むなどしている場合審査に落ちる場合がある点には注意が必要です。計画的に利用しましょう。

トップへ戻る