今すぐお金を借りるなら?銀行カードローンと消費者金融を比較

銀行でお金を借りる場合

銀行の一般的な利用として、預け入れや引き出し、定期預金の利用や振り込みがあるかもしれません。それ以外にもいろいろなサービスが利用でき、お金を借りることもできます。住宅ローンなどまとまったお金を借りる時に使うことが多いですが、カードローンなど日々の資金繰りを助けてくれるサービスもあります。カードローンであれば、銀行系の金融機関のサービスが充実しています。

 

では民営化したゆうちょではどうかです。こちらは今は民間の金融機関になっているので、他の金融機関同様に借入ができるようになっています。郵便局ごとにATMがあるので、借入も返済もしやすいのがメリットかもしれません。目的別の商品なども多く用意されているので、目的が決まっているのであれば目的に合ったものを利用した方がお得に利用できます。

 

身近に借入ができるところとして農協もあります。こちらもATMが比較的多くあるので、口座を持っていると便利といえるでしょう。注意としては必ずしも組合員になれない点でしょう。農業従事者以外でも口座は作れますが、各農協ごとに一定の枠が用意されています。枠がいっぱいになっていると新たに民間の人が利用できません。金利が安めの商品もあるので、まず口座を作って相談に行きましょう。

 

消費者金融でお金を借りる場合

消費者金融は銀行よりも審査基準が緩いので、借りやすいと思っている人も多いでしょう。しかし大手の消費者金融の場合は、銀行とあまり変わらないのです。そのため、フリーターなどでお金を借りたいと思っている場合は、大手だと通らないということもあります。

 

このような時には中堅、あるいは中小の消費者金融を利用するのをお勧めします。中小や中堅の業者だと、ブラックでも借りることができるほどです。ただし中小、あるいは中堅の業者を利用する場合は、もちろん注意しておくべき点もあります。まず窓口または郵送の申込が多い点です。もちろん中にはネットで申し込める所もありますので、中小や中堅業者のリストを検索して調べておくといいでしょう。

 

それから金利がやや高めです。今は大手では18パーセント程度の所も多いのですが、この手の業者は20パーセントぎりぎりということがあります。また専用のカードがなかったり、業者によっては住民票などの書類を揃えたりする必要もあります。それから特に注意したいこととして、闇金が混じっている可能性があることです。特にブラックで多額融資などというところは、この闇金の確率が高いです。その他にも連絡先が携帯のみ、登録番号が4桁や6桁の場合も注意しましょう。

キャッシングに関するQ&A

利息無しでお金を借りたい
無利息のカードローンを上手に利用すれば利息なしでお金をかりることは十分に可能です。消費者金融会社が無利息でお金を貸す仕組みを打ち出した背景には、消費者金融からお金を借りやすい状況を作り出し、幅広く利用してもらうことを狙いとしたサービスです。無利息キャッシングというのは、消費者金融会社をはじめて利用する人向けに設定された画期的なサービスです。

 

消費者金融会社としても、一定の期間内にお金を返してくれる有料債務者を増やしたいと宇野が本音なので、そのような有料な債務者に広くお金を借りてもらえるような新たな金融サービスの提供に力を入れています。通常利息無しでお金を借りられる期間というのは30日間であり、その期間にきちんとお金を返すことができれば金利は一切かからない仕組みとなっています。どちらかといえば小額の融資を予定した金融サービスであり、限度額いっぱいまでお金をかりるような高額融資は想定していないと考えるのが通常です。

 

小額の借り入れであれば返済計画も立てやすく、借り入れに対するハードルも低くなります。消費者金融会社もこのような優良債務者を多く増やすことによって業績アップにつながると考えたのです。

電話連絡なしでお金を借りたい
カードローンなどを借りたときには、会社に電話がいく仕組みとなっています。これは、在籍確認が目的となっており、勤務先に連絡がいくことになります。では在籍確認、電話なしでお金を借りることができるのかに関してですが残念ながらそれはできないところが多いです。

 

基本的には、金融機関においてカードローンを借りた後には在籍確認が行く場合が多いです。ただ、在籍確認を一切行っていない金融機関も少ないですがあります。そうしたところを探すことによって、お金を借りることは一応可能といえるでしょう。

 

注意点としては、在籍確認の電話なしで借ることができるローン商品の中には、審査難易度が比較的高いタイプのものや融資スピードの遅いという評価があるものも存在します。ですので、そうしたローンにおいては融資には向きません。

 

低金利でなおかつ会社に電話がいくことなくお金を借りられる業者は、あります。地方銀行のいくつかの業者においては、在籍確認をすることなくお金を借りることが可能となっており活用方法次第では便利といえるでしょう。

 

ただ、その業者からお金を融資を受けるにあたっては、該当する銀行系の口座を持っていることが条件です。持っていない場合には、融資のスピードが遅くなりますので注意します。

キャッシングを利用できる年齢は?
自分の資産ではどうしても支払いが無理な時等にも融資を受ける事が出来ますが、その際は事前に金融機関に申込みをし、その後の審査で融資可能と判断されない限りお金を借りる事は出来ません。一般的に金融機関では申込を出来る年齢を設定しています。通常は成人している人と言うことになっているので、もし安定した収入があったとしても20歳以上にならなければ利用はできません。

 

また加減年齢は何歳からかと気にする人も少なくありませんが、金融機関では新規申し込みに際して上限年齢も制限しています。金融機関で違いますが、一般的には65歳から70歳位の誕生日までがその年齢に当たります。つまり、誕生日を迎えると新規借り入れは出来ないのです。だから例えば70歳の誕生日までとなっているのなら、70歳未満であれば利用出来ますが、70歳以上になると申込はできないと言うことになります。

 

しかし新規申し込みに関しては確かに年齢制限が設けられていますが、返済に関しての上限は設けられていません。だから70歳未満でなければ借り入れは無理ですが、70歳以上になっても残債が有る場合は返済義務は残った状態になっています。したがって、借金をする事は出来ませんが、借金を返し続ける必要はある状態です。

総量規制対象外って何?
総量規制とは、カードローンなどで借りた債務者を守るために作られた法律のことです。この法律の目的とは、個人のローンを利用した人が借りすぎてしまうことによって生活破綻してしまうことから保護するために2010年につくられました。総量規制の対象となる場合、借入れは年収の3分の1までとなっており例として年収420万円ある人は年間140万円までかりいれることができますがそれ以上は借りることができなくなっています。

 

ただ、借りたところによっては総量規制対象外になる場合もあります。総量規制対象外となるのは銀行系のカードローンで借りた場合が該当します。

 

では、もしも総量規制を破ってしまった場合にはどうなるのかというとまず利用者側はもしも貸金業者から年収の3分の1を超える金額を借入れても、行政処分を受けたり罰則を受けることがないため安心して良いでしょう。また、すぐに返済を求められることもないです。総量規制に抵触している間においては、基本的に貸金業者からの追加借入れはできません。

 

貸金業者側は罰則の適用となっており、その場合には一定期間において営業停止などといった行政処分の対象となります。また、悪質なものでは登録取消処分が下り正規の貸金業としては営業できなくなることもあります。

無職の人がお金を借りたい場合
金融機関によっては、収入がない人、いわゆる無職の人の場合はお金を借りることが出来ないと定められています。この場合は総量規制の対象となっている消費者金融等が該当します。しかし無職では絶対にお金を借りられないわけではなく、融資を受ける方法も存在しています。それが総量規制の対象外となっている金融機関を利用する事です。

 

総量規制は貸金業法の中のルールです。つまり、貸金業法で管理されている金融機関にしか適用されません。この場合は銀行は貸金業法ではなく銀行法によって管理されている為、総量規制を気にせずに融資を受ける事が出来ます。つまり、無収入であったとしてもお金を借りられる可能性があると言うことです。

 

ただ、無収入の人でも銀行であれば絶対にお金を借りる事が出来る訳ではありません。この場合はその人がお金を借りてもその分を回収できる、返済してもらえると銀行側が判断した時に限ります。また、収入がある人と同じだけの額を借りられるわけではなく、無収入の人に合わせたプランの範囲内での借入となります。しかし無職であってもお金を借りる事は十分可能なので、収入がないからと言ってお金をどこからも借りられないと言う訳ではありません。

母子家庭の人がお金を借りたい場合
お金に困ってしまうのは立場は関係ありません。例えば母子家庭でも急なまとまった金額が必要になったりすると、予定外の出費に対応できないことも出てきます。そんな時にキャッシングをすることで迅速に対応できて、助かることは多々あります。この時に心配になってしまうのが母子家庭だと審査が通らないのではないか、受付さえもしてもらえないかもといった事情です。

 

しかし、母子家庭だからといってキャッシングが不可ということはありません。母子家庭でも働いていて収入があれば、その金額にふさわしい範囲で借りることができます。正社員としてだけではなく、契約社員や派遣社員でも対象としてみてもらえます。さらにパートでもある程度の時間働き、勤続年数もあれば安定性があると考えるので借りることはできます。そのため、勤務先として申告したほうがメリットがあります。

 

ただ、母子家庭で手当てだけで働いてないとなると厳しいかもしれませんが、働いているとなれば借りることは難しいことではありません。急な出費をカバーするために、まずは相談したり申し込みをしたりすれば不明点も教えてもらえます。今は母子家庭も多くなっていて特別何かが必要となることはないので、気構える必要はありません。

土日祝日にお金を借りたい場合
土曜日、日曜日は基本的に金融機関の窓口業務が休業である事が多いです。それでもインターネットから融資の申し込みができてatmで受け取る事ができれば土日に急に申し込んでもその日のうちに借りる事が可能です。atmから返済や引き出しができて、24時間対応してくれる業者もあるのでそうした業者を選ぶといいです。

 

一度審査に通過して利用枠が設定されている場合は申し込みと受け取りができるシステムさえあれば土日であっても問題なく、利用できますが始めて利用の場合は審査が必要なので状況が変わってきます。土曜日、日曜日でも審査を受けられる金融機関もありますが、問題なるのが在籍確認です。在籍確認とは本人が所属している会社や団体に本当に籍があるのか確認する審査作業です。

 

土日が休業日でない会社や団体ならば良いですが、休業日が土日であるケースでは在籍確認ができずに審査が進まない事で融資を土日のうちに受けられない事があります。
基本的に在籍確認は電話で行われる事が多いですが、社員証や給与明細を提示する事で対応してくれる業者も一部あります。全ての金融機関がそれに対応してくれるわけではないので、まずは在籍確認について相談してみると良いです。

ブラックでお金を借りたい場合
金融機関のブラックリストに掲載された場合は、ブラックでもお金を借りることは非常に難しくなる場合が多いです。ただしブラックOKで借りることができる場所はたくさんあります。特に最近では匿名の仮想通貨を利用することで、ブラックリストに掲載された人間であってもお金を借りることが可能です。匿名のブラウザを利用して、特定のサイトにアクセスすることで、金利が非常に高くなりますが、匿名通貨によってお金を手に入れることが出来ます。

 

特命通貨は、海外の取引所で売却することで現金化することが可能で、日本の金融機関と違って身元確認書類を提供する必要はありません。そのため誰であっても、問題なく利用することができるのです。しかし、この利用方法のデメリットはパソコンがマルウェアに感染してしまうことで、コンピュータ関係の知識がない方には非常に難しくなっています。だからそのような知識がない方や、利用することが不安な方は、身内などからお金をもらうと良いでしょう。
特に現金で直接もらうことができるだけでなく、現金を直接手渡しすれば、誰から借りたのかわからないので、公的機関の追跡を避けることが可能になります。税金問題も解決されるのです。

自己破産でお金を借りたい場合
自己破産をする事で、今ある借金の返済を免除してもらうことが出来ます。しかし本来借金は借り入れ額と利息分を合わせて返済するルールとなっており、完済できるように返済計画を立てます。従って返済を途中でやめてしまうと言う事は正常な返済が出来ていないとなり、その情報は事故情報としてブラックリストに登録される形です。

 

一般的にブラックリストに登録されると、その情報が残っている間は新規借り入れはもちろんの事、クレジットカードの新規発行なども出来なくなります。またカードローン等の少額融資だけでなく、住宅ローン等ももちろん利用できません。従って、自己破産後は一定期間はお金を借りる事は出来ませんが、その期間を利用してお金との関わり方を見直す良い機会だともいえます。

 

しかし自己破産をしたからと言って絶対にお金を借りる事が出来ないわけではありません。まずその情報がブラックリストから削除された後には借り入れは可能で鵜。さらに自己破産の情報が残っている間でも、ブラックOKとしている金融機関であれば利用は可能です。しかし自己破産をしなければならないの状況と言うのは、新規借り入れをするとより状況が悪化する可能性が十分にあります。つまり、借り入れ自体は100%出来ないと言うわけではありませんが、借りない方が無難な状況ともいえます。

更新履歴
トップへ戻る