お金借りる 身内 同僚

身内にお金を借りる

身内や同僚からお金を借りる時に気をつけること

お金にどうしても困ってしまい、周りの方に助けを求める際には注意をしなければなりません。お金を借りるということは、その人の信用問題に関わります。一度信用が壊れてしまうと二度と同じ関係に戻ることは出来ないと肝に銘じておきましょう。

 

おばあちゃん、祖母、祖父など小さなころにお小遣いをもらっていた世代にお金を借りるときにも注意が必要です。小さな頃はお小遣いをくれても、大人となった今お金を借りるのは道徳的にも良くありません。特に祖父母世代は年金暮らしです。すぐに返済出来る金額の少額を借りてもすぐに返すようにしましょう。

 

兄弟、友人も同じく多額の金銭は借りないようにしましょう。

 

友人関係は特に金銭関係で縺れるとすぐに縁が切れてしまいます。借りてもすぐに返却し、お礼に食事に誘っておごるぐらいの気概を見せる必要があるでしょう。
いつもお金を借りる立場の人は自然と友達が去っていきます。

 

周りの人に力を借りたのであれば、次は自分が返すように意識しましょう。上司、同僚とは出来るだけ金銭の貸し借りは避けたいものです。どうにもならない状況であれば、上司に給与の前借が出来ないか、状況を説明し、給与の前借に留めておくことが賢明です。

トップへ戻る