行政からお金を借りる方法

一般的に自己資金が乏しくて、かつ急にお金が必要な時は銀行あるいは消費者金融を利用して借金するのが一般的です・しかし一定の条件が整っていれば公的機関からお金を借りられる場合があります。そうすれば利子はなくてすむ場合や非常に低金利で借りられる場合が多くありますので条件の範囲内にあるのであれば消費者金融から借金をする前に知っておいたほうが後々得をします。

 

割と一般的な市役所や区役所などの行政からお金を借りる手段は総合支援資金貸付というものがあります。ひと月あたり15万円をじょうげんに生活支援費として借り入れをする事ができます。最長の借り入れは1年間でその間はハローワークに通ったり職業訓練をしなければなりませんが1年間猶予があるのは嬉しいところです。使用の用途も多少の幅があって引越資金としての利用も可能ですので生活を立て直す目的として有効です。

 

生活保護との違いはあくまで貸してくれるお金と言う事です。必ず返す必要がありますが保証人がいれば無利子でお金を借りる事ができますし、保証人が用意できない場合でも年利1.5%でお金を借りられますのでおすすめです。生活保護の場合は何かと制限が出てきますが、こちらは自由がききますのでそれなりに利用者も多いのが特徴です。

トップへ戻る